Allons pour voyage ! @ Q太郎

サボリまくり・・・

その3:大雨で冷や汗、開き直り
 
バンコクでもスケジュールをこなし帰国する夜
その夜はバケツをヒックリ返したような雨が1時間ほど降り続きました。
バンコクの待ちは大雨が降ると道路が冠水することを知っていたのですが
帰りのフライト時間まで時間があったために食事をしたり電脳街をぶらついたりしていました。
しかし、川のようになった道路と渋滞しきった光景をみて早めに空港に向かいました。
タクシーを拾ったのがフライト時刻の3時間前、通常ならば空港まで30~40分程度の道のりなのですが
その日は、水深20cm程度の道路をジャブジャブと進んでくれれば良かったのですが
ホテルから500~600mのところにある高速道路の料金所まで1時間以上かかりました。
ただでさえ激渋滞なのに冠水による電気系統のトラブルで道路(川)の真ん中で立ち往生している
車が数台ありその渋滞に拍車をかけていました。
なんとか、高速道路に乗ったのは良いのですが、そこでも、やっぱり大渋滞でした。
最初は「早めに空港に向かったのだから問題なし!」なんてタカをくくっていたのですが
遅々として進まぬ車列に「マズイ、間に合わないかも!」と心配していましたが
だんだん、開き直ってきて「どうせオープンチケットなんだし、間に合わなかったら明日のフライトにしよう♪」などと
お気楽モードに切り替えているうちに空港に到着しました。
すでに出発まで30分を切っていたのでダメモトでカンターに行ったら搭乗手続きをされちゃいました。
気持ちはもう1泊滞在するつもりになっていたのに、ガッカシ・・・・。

2006年11月10日 Posted by | 日記 | | コメントをどうぞ

サボリまくり・・・

その2:フライトディレイ、成田空港大混雑
 
毎月、定例のバンコク出張に出かけるある日、都内は激しい風雨にさらされていました。
職場から成田に向かうべく京成上野駅到着、ところが踏み切り事故で運転再開の目途無しとのこと・・・
すぐに東京駅に向かい成田エキスプレスの切符を買おうとするがスカイライナーが動いてないせいか
成田エキスプレス改札口至近の切符売り場は長蛇(200人くらい待ち)の列!
こんなの待っちゃおれん!と思い新幹線の切符売り場まで戻り成田エキスプレスの切符を買う。(数人待ち)
 
成田空港に到着し16:50のバンコク行きのチェックインをする。(出発の50分前・・・汗)
出国審査の列に並らばずに「すんませんなぁ、時間が無いさかいに先に行かせてくださいナ」と強引に割り込む
しかし、出国審査の兄ちゃんは「あれ、フライトキャンセルでしょ?搭乗券貰えたの?搭乗券あるんだったらイイっか?」
と呟いているのを不思議に思い出国審査場を抜けると「アレっ?」と思うほど異常な人ごみが・・・
とりあえず、ゲートを再確認しようと出発時間を確認するディスプレイを見ると
Dely、Canceldの文字が並んでいる。チェックインカウンターの姉ちゃんは何も言わなかったのに!
もちろん、私の乗る便もDelyっていうか「未定」って表示されている。いっそのことキャンセルになればいいのに!!
16時から待ち続け成田を出発したのが深夜2時!幸い、ラウンジが使えたのでWifiはOKだし
シャワーは使えたし、マッサージ椅子で寝ることもできたので、ある意味のんびりできたのですが
やっぱ、時間がもったいないと痛感しました。しかし、天気ばかりはどうにもならんですワ。
 
そうそう、フライト遅延のために航空会社か2,000円分の夕食クーポンを貰ったのですが
レストランが空いていても人が多すぎて食材が無くなり注文を受けられないと言われました。
飲み物ならご提供できますが・・・だって
 
 

2006年11月10日 Posted by | 日記 | | コメントをどうぞ

サボリまくり・・・

8月30日に更新して以来、約2ヶ月ぶりの更新です。
この間にいろんなトホホ(なのかな?)な出来事がありました
 
その1:バンコクにてクーデターに遭遇
 
バンコクのモバイラー同士と居酒屋で鳥鍋(なぜ、亜熱帯の国で鍋なのか?)をツツいていると、
仕事関係のタイ人から「革命(って言った。因みにクーデターという単語はフランス語だそうで
そのタイ人はクーデターとう言葉を知らなかったそうです。おいらも、
その言葉が元々はフランス語ということを知りませんでした。)が勃発した!
酒なんか飲んでないですぐにホテルに帰れ!」との進言を頂戴しました。
英語での会話でイマイチ信じがたい話題だったので、他のモバイラー同士数人に事実確認をすると
「ガセネタではない、すぐに帰宅せよ!」とのお言葉でした。
鍋の〆の雑炊を食べてないなぁと後ろ髪を引かれつつホテルに戻り、
ホテルのスタッフに再度、事実確認をすると「そんな情報は入ってません!」と断言され、コ馬鹿にされてしまう。
しかし、部屋に戻りしばらくすると「クーデター(そんな風な発音ではなかった)が起こったので、
ホテルから一歩も外に出ない事をリコメンドします。これは、ホテルからの公式なメッセージです」と
釘をさされるが、窓から見渡す限り普通の夜の風景・・・。
CNNやBBCを見ていると、軍は首相府や放送局を制圧したと報じている。
そして、しばらくするとタイのテレビ放送は王様の静止画像に変わったです。
さすがにメディア統制をされると不安になる、そして、空港はどうなんったの?明日のフライトは大丈夫?と
考えたのですが、「まっ、駄目だったら予期せぬ滞在をエンジョイすれば良いのだ!」と気持ちを切り替える。
そんな、お気楽モードになったら急に酒が飲みたくなり「外に出ないで!というホテルの進言」を無視して
セブンイレブンにビールを買いに行くと「深夜12時以降は酒類の販売は禁止」とのことで
ビールを買えない・・・(毎月、タイに行っているのに、そんなルールは知らなかったです)
かといって、ホテルの馬鹿高いビールは飲みたくなかったので
近辺にあった、男と女のハッテン場みたいなお店でビールを持ち帰りで買う。
(姉ちゃんからは飲んでかないの?と冷やかされる。しっかし、その店も普通に営業していたし、お客さんも一杯いたです。)
 
そして、クーデターの夜は明けた!
結局、なんも変わらなかった・・・・(もちろん、政権は打倒されたけど)
朝食ごテレビを見たら、いきなり、つまらん料理番組をやってました。
 
 

2006年11月10日 Posted by | 日記 | | コメントをどうぞ